[前頁] [ホーム] [一覧]

 劇団しようよ「メーフ」

 @仙川 POSTO(2023/04/20-23 6ステージ)
 全自由 前売2800円 当日3000円 俳優割2300円 遠方割2300円

 作・演出・フライヤーデザイン:大原渉平[劇団しようよ]
 舞台監督:青木望華 制作:飯塚なな子 西村花織(劇団しようよ/劇団飛び道具)
 出演:
 夏目慎也[
東京デスロック]:ガク(4才)
 矢田未来[
KAKUTA]:ボク(34才)

 2023/04/22(土)曇 2:02-3:04PM(1'02)中央あたり 客席8割(15人)
 客層:20-30才代、女性過半数。
 客入れ:感染対策。検温あり、手指消毒任意。壁2辺2段にクッション。
 当日パンフ A4縦折り 3ページ。物販。最新戯曲集2500円。カーテンコール1回。

 舞台。下手に焼香小机。中央壁に男性喪服、棚上に絵本。
 お話。葬儀の日、4才になる甥っ子ガクは母親の死がわからない。叔父であるボクは
 年をずっと取り、死んだら会えると教え。みるみる100才になる遊戯を始めて。

 慕う、偲ぶ気持ちが役柄、年齢らを超えて伝わる、温かく優しい舞台。劇的な重層が
 じんとくる。ブルーワンピの矢田さんが喪服叔父に生着替えする冒頭、母たる女性が
 消えて、思いが継がれていくことかと。終幕、叔父は喪服を脱ぎ、素の女性となり、
 替わり、喪服を身につけた大人のガクが焼香し思いを繋ぎ。ほろり涙するねこ。
 「スーホの白い馬」の楽器に転じたエピソードや、叔父の母の葬送の記憶とかも。
 役者2人の型にとらわれ過ぎない演技も清々しく、好感を抱くねこ。

 大原渉平トークショー 3:04-3:20PM(16)
 質問カードから無作為に取り上げ、Q&A。
 Q1 演劇を始めた動機。漫画家になりたかった。美術系の高校へ、演劇に出会い、
  没入。皆で協力して作り上げるのが楽しかった。トップクラスの成績は急落。
  演劇は見立てなどが楽しい。
 Q2配役理由。年齢、性別に縛られない2人。広い可能性を見せたい。僕〜母〜母の
  エールなど、色々な絵を、見てみたい。
 Q3甥っ子と絵を描いたとの事だが具体的には?。自分が子供の時、ノストラダムスの
  予言で初めて死を想像した。甥っ子の好きと嫌い、死の捉え方をどう捉えらるのか
  を考えた。
 Q4脚本で大切にしていること。演出家としての方が強い。沢山書いてそいでゆく。
  書かないことで浮かび上がらせたい。
 Q5絵本のチョイスは?。スーホは一番好き。ウォーリーはどこにいるのか、
  どう探すかのキーワード。あとは、ビジュアルでイメージ出来たら。「おかあちゃ
  タワー」(絵本を積み、母とみたて)は母をイメージできるものを。
 Q6オシッコの演出(黄色のビー玉が床にまき散らされ)。葬儀で数珠バラバラは
  実体験、怒られず、逆に罪の意識が。イメージと漏れる、せき止められないで
  ビー玉になった。

[月間一覧