[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎「オルガン -呼吸する物理学」

 @両国 シアター X(2012/4/12-15 5ステージ)
 http://www.theaterx.jp/index.php
 全自由 一般 前売4000円 当日4500円 学生・シニア (65歳以上)2000円

 構成・演出・照明:勅使川原三郎
 照明技術:清水裕樹(ハロ) 音響技術:三森啓之(サウンドマン)
 舞台助手:加見理一 高木花文 主催:KARAS 提携:シアターX
 出演:
 勅使川原三郎、佐東利穂子、川村美恵、ジイフ、鰐川枝里、山本奈々

 2012/04/14(土)雨 7:40-8:39PM(57)最前列中央 客席7割?(100人?)
 客層:大人中心。男女半々。
 客入れ:開場開演20分間、整理番号順に呼び出し。前方客席をとって距離を置き、
 最前列から埋まるコアなファンぞろい。開場時40人ほど。折り込みパンフ。
 B5 3ページ。挨拶、スタッフ、予定。物販。Tシャツ、写真集。
 カーテンコール3回?2分。

 勅使川原三郎新作
 舞台。舞台面が客席とほぼ同じ高さ、中央に広く高く平台。上手手前にオルガン。
 両袖、等間隔に白いランプシェード列。

 構成。シーン毎に黙劇まじりにダンス。コロスなダンサーはオブジェと化して、
 ポーズと配置を切り替え。

 ・全身黒衣裳のダンサー達。大中小と背丈順に横並び。その場で高速回転、手振り
  いれてストップ。頭髪から髭まで繋がり茂った、長躯の髭男性にスポット。

 ・ナットキングコールのメロウな曲。劇場壁に明かり、ついで舞台に男女。抱き
  合い、男性が手を越しに回そうとすると払われ。数回繰り返し(失笑)。
 ・女性が人を待っている風。コンタクトされた勅使川原、違うというのか首を麻痺
  に振り。
 ・勅使川原、オルガン弾き。時折手を入れて打撃音。周囲がせり上がって平台高さ
  前面フラット・通常舞台となり。平台上に佐藤が横臥。
 ・勅使川原ソロ。音楽と呼応し、緩急に富んだダンス。コロスな2人はスローモー
  ションの半ばオブジェ。
 ・シャンソン♪。後ろ向きに横臥の佐藤と、慌ただしい女性、下手の箱に膝を抱えて
  入り込む女性(後這いだして移動)の3人。佐藤ソロはここだったかな。
 ・一同、手を前にポーズ。
 ・男女対、相手に驚き。
 ・歩行する先に横臥するものあり。佐藤、震える動き。
 ・倒れる勅使川原の上半身、平台が断崖とせり上がり、まるで墜ちたかのような
  態勢となり。
 
 あれこれと趣向を凝らしたパフォーマンスの体。フォルムをオブジェと見立て、
 配置に変化をつけ、ユーモア雑じりに黙劇なやりとりをみせたり。時に、煌々と
 客席を照らし(暗転替わり以外にも)たり、迫り機構で場を演出したり。あれこれ
 ガチャガチャした中も、勅使川原ダンスは異能、もはや神秘と際立ち。佐藤ダンスの
 タメのないシームレス高速ダンスもまた。演出趣向と純ダンス、ともに楽しめて
 嬉しいねこ。

[月間一覧