[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 KARAS「春.一夜にして」

 @両国 シアターX(2013/3/4-5 3ステージ)
 http://www.theaterx.jp/
 全自由(整理番号付き)前売3000円 当日3500円
 
 ブルーノ シュルツ「春」より
 照明技術:清水裕樹(ハロ) 音響技術:三森啓之(サウンドマン)
 出演:
 勅使川原三郎、佐東利穂子、川村美恵、ジイフ、鰐川枝里

 2013/3/5(火)晴 5:05-5:57PM(49)最前方 客席7割?(80人?)
 客層:大人中心、女性過半数。
 客入れ:入場時40人ほど。最前Bで8列。舞台とほどよく距離をとり。折り込みチラシ
 少々。パンフ A4両面 1枚。挨拶、プロフィール、予定。9月に新作。

 ブルーノ シュルツ「春」を基盤に「静かな舞台」がつくることを試行した公演。
 舞台。素舞台。
 構成。風音ら自然音とテキストの朗読が終始流れ。静かに佇むビアンカ(佐藤)と
 言葉や音に感応する人形のような白マスク男(勅使川原)。時折、動物のような人間の
 ような人物が往来する。時折、無言劇に物語が立ち現れ。

 概念と主観のそれぞれが楽しめるオムニバス。装置なし言葉あり、少人数も濃厚な
 密室公演。揺るぎない存在感を放つ女性役、佐藤さんの静かな佇まいが美しい。
 たおやかに舞う姿も素敵。それに憧れるようにもみえる、翻弄され惑う男役、
 勅使川原さんの多彩。不自由を現すに自在な表現力をもつ人形身体を興味津々と
 みるねこ。

[月間一覧