[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 KARAS 勅使川原三郎 連続公演「ドドと気違いたち」

 @両国 シアターX(2013/6/25-27 3ステージ)
 http://www.theaterx.jp/
 全自由(整理番号付き)前売3000円 当日3500円
 
 ブルーノ シュルツ「ドド Dodo」より
 照明技術:清水裕樹(ハロ) 音響技術:三森啓之(サウンドマン) 企画製作:KARAS
 出演:
 勅使川原三郎、佐東利穂子、川村美恵、ジイフ、鰐川枝里 ほか
 
 2013/6/26(水)雨 5:05-5:45PM(38)最前方 客席8割?(130人?)
 客層:大人中心、女性過半数。
 客入れ:入場時30人ほど。最前Bで8列。舞台とほどよく距離をとり。折り込みチラシ
 少々。パンフ A4両面 1枚。挨拶、プロフィール、予定。9月に新作。

 ポーランドの作家ブルーノ・シュルツの短編集から想を得たシリーズ?第二弾。
 舞台。素舞台。
 構成。テキストの朗読と、折々の登場人物を身体表現。周囲となじめず、ただ散歩を
 繰り返すドド。彼は記憶を持たず、いつも一人残され。分からず屋の父をきちがいと
 呼び、世話を焼く母親に憤懣やるかたない。

 そのような人の有様を物語によらず、絵画のように強く印象つける、独特の演劇的
 ダンス。ドド役の勅使川原はマスクをつけた風で、糸操り人形のように歩行。
 発話することはなく、テキストに密着したように身体表現で内心を濃密に現し。
 阿呆のような動きはしかし、冒頭とラストでクールに変じてドドの英知(かな)を
 仄めかすかのよう。夜のとばり役?に佐藤、官能を美しく描いて素敵。

[月間一覧