[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎+KARAS 日々アップデイトするダンス第3弾「月の月」

 @荻窪 KARAS APPARATUS/B2ホール(2013/11/11-18 7ステージ)
 全自由 予約2000円 当日2200円

 出演:勅使川原三郎、佐東利穂子

 2013/11/16(土)晴 4:13-5:20PM(57/10)中段中央 客席4割(16人?)
 客層:大人客席、女性過半数。
 客入れ:折り込みチラシ数枚。パンフなし。開場定時5分前。5:10終演後、
 カーテンコール2回2分。トーク8分。

 舞台。下手、腹を上に吊られた白い板、明かりにつれて2、3枚と連なり。
 構成。佐藤ソロ。スクエアに照らされた壁に張り付き。抑制から手振りも
  胴体は動かない。ほどけるようにくねくねし。大きく泳ぐように延び、
  上半身だけがほどけ。
 ・勅使河原とデュオ。教会オルガン曲。上下に伸縮ぶり。佐藤と勅使河原は分断。
 ・佐藤、緊縛。揺るぎなく。「月の光」勅使河原ソロ。手を挙げ、力を上。
  両肩をあげて、首を埋めるように。手を横に延べて、引かれていく。
 ・ヴァイオリン。ハイスピードにデュオ。佐藤のソロ〜デュオ。ノイズまじり曲で
  勅使河原ソロと目まぐるしく。突然にピアノソナタ。動かない。勅使河原ソロ。
  曲を変えながら連綿とソロ。佐藤のソロへリレー。手を後ろに見上げて、
  見下ろし。再び「月の光」。延びて泳ぐ。
 ・教会オルガン曲。上手袖から手だけ。独立した生き物のように手前袖から
  また現れ。立って震え。
 
 トーク。今回は1、2夜は佐藤のソロ。3夜からデュオをいれて。音楽を入れ替え
 たり、日々アップデートしてきた。月のイメージはひとつに収まらない。裏腹なもの
 もまた真理。水、個体と変えていくのもまた。
 佐藤 照明と音の構成を変えて、あり方を探り、模索してきた。伸び伸びとできた
 嬉しく思う。

 すべてが一意ではなく、プリズムのような多彩。曲を目まぐるしく変えながら、
 果敢に挑み続け。シンプルに削ぎ落とした純ダンス、二人の身体と動きを追う
 醍醐味を感じるねこ。

[月間一覧