[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎+KARAS「アップデイトダンス」シリーズ第8弾
 「ヴァイオリン 震える影」

 @荻窪 KARAS アパラタス/B2ホール(2014/6/6-11 6ステージ)
 全自由 一般 予約2000円 当日2200円 学生 予約1500円 当日1700円

 音楽:ハインリヒ・ビーバー「パッサカリア ト短調」
 JSバッハ「無伴奏ヴァイオリン パルティータ1番 サラバンド」
 バルトーク「無伴奏ヴァイオリンソナタ」
 
 出演:勅使川原三郎、佐東利穂子

 2014/6/11(水)雨 8:10-9:00PM(48)後方中央 客席満員(50人)
 客層:学生〜ベテラン、洋の東西。女性過半数。
 客入れ:開場ほぼ開演定時、整理券なし。折り込みチラシ数枚。パンフなし。
 カーテンコール3回2分。トーク15分 9:15PM終演。

 音楽:ハインリヒ・ビーバー「パッサカリア ト短調」
 構成。矩形の床スポット。無音。勅使河原、正面向きで手こね。スポット拡大、
 横移動。Vn音楽。佐藤、緩急をつけて空気を泳ぐ。後方、勅使河原の手がゆっくり
 蠢き。次第、激しく手延べ。勅使河原、上体屈託、上下振動。佐藤、ロール、
 ステップ。無音。スローダウン静止。

 JSバッハ「無伴奏ヴァイオリン パルティータ1番 サラバンド」
 構成。Vn音楽。ほとばしり、佐藤超スロー。手先屈曲。張りつめ傾ぐ。
 二人とも後方、離れて正面向き。ゆっくりと手の仕草。ほどかれていく佐藤。
 緩急をつけて空気のダンス。照明フラッシュ。矩形のスポットに佐藤。
 弦のはじく音につれ、つっかえる動き。短い間隔でフラッシュ光。大きな動きで
 空気のダンス。体を前後、手振り大きく。左右反復。

 バルトーク「無伴奏ヴァイオリンソナタ」
 構成。上手手前、勅使河原ぽつねん。対角線に光の道。次第ほどける勅使河原。
 機械的、構成主義!?な動き。震え。佐藤、前後に移動しながら緩急。
 ダイナミックに勅使河原、やがて屈曲。

 切れ込み抜群の見せ方。佐藤の間断なきミニマル、空気を泳ぐ高速ダンス。
 最小限も多彩。後方の勅使河原は手の仕草で参加、静かに通奏、折々でノイズ。
 心地よい緊迫感。ソリッドな官能の香り、ダンスをみる快感、喜びにほろ酔いねこ。

 トーク
 日々の変化。昨日から勅使河原が後ろに立った。実験、試み以上に真剣勝負を。
 ベニスで庄司さんの生Vnと競演。音楽の紹介〜ヴァイオリニスト庄司さんのこと。
 すっとして強烈な演奏。なんども向かい合いたいとツアーから帰って、すぐアトリエ
 でやる。アトリエ公演をする意味。日々アップデートする、通ってもらい、目撃して
 ほしい。庄司さんも私たちも家がないくらいツアーをしているが舞台で出会う。
 アトリエが芸術上の家。ダンスは技術が大事だが、思いがないといけない。
 難しさに向き合える幸運。それを目撃できる、感じられるといいと思う。

[月間一覧