[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使河原三郎 KARAS ブルーノ:シュルツ第6作「天才的な時代」

 @両国 シアターX(2014/11/26,27,30 3ステージ)
 http://www.theaterx.jp/
 全自由(整理番号付き) 一般 前売3000円 当日3500円 学生・シニア2000円

 構成・演出・照明・美術・衣装・選曲:勅使川原三郎
 演出助手:佐東利穂子 照明技術:清水裕樹(ハロ)
 音響技術:三森啓弘(サウンドマン) 企画制作:KARAS
 主催:有限会社カラス 特別提携:シアターX 助成:芸術文化振興基金
 出演:
 勅使川原三郎、佐東利穂子、川村美恵、鰐川枝里、加藤梨花

 2014/11/27(木)晴 8:08-9:11PM(1'00)前方下手 客席6割(60人?)
 客層:中年、シニア層、ついで20歳代女性。女性過半数。
 客入れ:開場時30人ほど。舞台と間を開けて6列。折り込みチラシ数枚。
 パンフ A4 1枚。物販。グッズ、関連本ほか。カーテンコール5回3分。

 シリーズ最新。佐東利穂子再演作とも連続上演。
 構成。・震えながら激しく踊る女性ソロ。爆竹がはぜるよう。
 ・一転モーツアルト?。勅使河原、佐藤が併走しながら奏でるように泳ぎ。
 ・テキスト朗読。勅使河原が立ち向かいソロ。引き抜くような動き。
 ・舞台中央部分のせりが下がり、渓谷。両端から繰り返し墜ちる二人、中央勅使河原
 ソロ。テキスト。言葉に手を引かれるように。
 ・ロックのリズム。勅使河原ソロ。スポット、獣のような。
 ・後方、半円の青空映像。横たわり、浮遊したような。
 ・テキスト朗読。世界が監獄の壁…、問いかける言葉。
 ・モーツアルト。緩急をいれて泳ぐような。オペラアリア、しだい大きく動き。
  最後は穏やかにピアノソナタ。

 言葉、音楽を踊る、そのものを感じる一時。ただリズムに無為に乗ることはなく、
 かといって離れることもない、距離感が心地良い。アトリエ公演でのさまざまな
 音楽、題材で踊る試演が全編で活かされている印象。変化に富んだ、しかし筋が
 通った構成がさすがあとおもうねこ。

[月間一覧