[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS アップデイトダンスNo.23「星座」

 @荻窪 アパラタス/B2ホール(2015/6/22-30 8ステージ)
 http://www.st-karas.com/karas_apparatus/
 全自由 一般 予約2000円 当日2200円 学生 予約1500円 当日1700円

 演出・振付:勅使川原三郎 出演:勅使川原三郎、佐東利穂子
 企画制作:KARAS 主催:有限会社カラス
 助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

 2015/06/23(火)小雨 8:06-9:06PM(60)後方中央 客席8割(20人)
 客層:20-30才代と中年層。男性過半数。
 客入れ:ベンチ4列。折り込みチラシ数枚。ペラ1枚に勅使川原三郎の詩「星座」。
 カーテンコール2回1分。終演後、後勅使川原中心にトーク12分。

 胸骨の内にある無辺に広がる夜空の星々に思いを馳せたという新作。
 舞台。張り出し舞台。床に矩形スポット、横から陰影つくり。
 構成。網タイツ脚、黒服に緊縛糸で女性強調の佐東利穂子。組んだ足でぐいぐいと
 アピール。左右前後と床照明を変えながら姿勢変え。袖側でキャンデーを舐めながら
 見ているだけの勅使河原。ドガの踊り子然とした淫靡な微香。
 横臥、膝曲げ。起ってくねくねし。落下打撃音。バッハに続き、リゲティ・ピアノ曲
 縦方向よりの動き、空間を絶え間なく泳ぐように動き続け。

 佐東利穂子ほとんどソロダンス。冒頭から女性な身体性を表に出して、ほよよねこ。
 ほどけて中盤以降は間断なく、らしい動き。あれやこれら種々佐東利穂子ダンスを
 見られて楽しいねこ。

 トーク 9:06-9:18PM(12)
 勅使川原三郎、佐東利穂子(中途〜)
 
 勅使河原 体の中に宇宙、星座が存在する。消滅するかも、またしない部分がある
 だろう。星座の謎。人は勝手に星座の物語を作ってきた。それとは違う心の中の
 星座がある。それを音響的な響き等で。いろいろな曲をつかったが最初と最後の
 リゲティのピアノ曲は数学的な構造が星座のよう。心の星座と反応し合うこと、
 ダンスで生きること。星座を見るときのレンズのように手触りを面白く思う。
 佐藤 キレイなだけでない力、うごめきを感じた。
 勅使河原 これからも調和と破壊の空間をつくっていくこと。

[月間一覧