[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS アップデイトダンスNo.28「ペレアスとメリザンドU」

 @荻窪 カラス・アパラタス/B2ホール(2015/11/24-300 7ステージ)
 全自由 一般 予約2500円 当日3000円 学生予約・当日共1500円

 出演:佐東利穂子

 2015/11/30(月)晴 8:10-9:16PM(62)後方中央 客席ほぼ満員(35人)
 客層:大人中心、シニア層も結構。女性過半数。
 客入れ:最終日は大入り、待合室に30人超待ち。雛壇に4列。折り込みチラシ数枚。
 カーテンコール4回2分。終演後、勅使河原氏ともトーク12分。

 佐東利穂子ソロダンス、早くもリメイク。
 舞台。張り出し舞台の床前方、黒い毛皮一面。黒ワンピのちょっとゴシックな
 ドレス。
 構成。・水音。闇に浮かぶ、淡い波紋。明かりの中、崩れて横臥。身をもたげ、
 顔をあげて視線。両手を前に延べる、揺れる。
 ・上手から明かり刺す中央へ移動。冒頭からの音楽は、ここで短く女性アリア。
  バストアップの明かり。
 ・緩急をつけたタメのない高速ロール、手足残像。
 ・すっと融ける。水音。ほこらな空間照明。浮かぶ顔〜前にでてシルエット立像。
 ・低重心、うつむきながら漂うよに。上体が傾ぎ。超スロー。
 ・高揚する音楽。大きくS字に全身振り、スピードアップ。
 ・男性アリア。前へ歩む。延び、倒れ、横臥。水音。
 ・ストリングス高揚。上手端で屈託。手を延べ、S字振り。崩れて仰向け。
  片膝をついてキリッとした姿勢。
 ・立ち上がり、さらに…。

 悲運の女王をテーマにしたダンス。深厚、深長してより充足感ある再演。幻のように
 儚いのに、確かな強度をもつ不思議。リアルな夢のよう、な感触にとらわれるねこ。
 美しく、豊かな黒、闇を演出する、それも極シンプルにな照明がいつもながら素敵。
 これら、小空間で体験する喜びを最高度に感じるねこ。

 トーク 9:16-9:28PM(12)
 勅使河原 間近な再演。幸せなこと。
 佐藤 体がその場でどう生きているかを問われている。終わる感じがしない。
  続いているまとまりのつかない感じ。そういったことと、言葉のもっている力に
  ついて、まとまらないといいながら語り。
 勅使河原 ドビッシーは長い時間をかけて作曲したという。今までにない表現、
  内なる幻想、感覚を実在化しようとしたのではないか。世阿彌は、幽玄は陽炎の
  ようだが、幻を体感する強さをはらんでいるといっている。消え入りそうな
  ぎりぎり、それをドビッシーの音楽の中にも感じる。矛盾をはらんでものの中に
  こそ芸術があると思う。今日は芸術として何かが現れた、実感できたと、内輪
  だからでなく思う。観客のみなさんは感覚を体感し、参加することで、
  舞台へ力がプラスされる。そんな時間になったと思う。

[月間一覧