[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS  アップデイトダンス No.35「トリスタンとイゾルデ」

 @荻窪 KARAS APPARATUS(2016/06/08-16 8ステージ)
 全自由 一般予約2500円 当日3000円 学生1500円

 振付:勅使川原三郎
 出演:勅使川原三郎、佐東利穂子

 2016/06/14(火)晴 8:09ー9:04?PM(55)後方中央満員(32人)
 客層:大人客席、女性過半数。
 客入れ:開場時20人ほど。雛壇に座椅子4列。折り込みチラシ少々、パンフなし。
 カーテンコール4回2分。

 構成。タイトル音楽。上手壁により掛かる勅使河原、正面奥で佐藤起立。
 勅使河原、佐藤の方へ。佐藤、手を横から前、ゆらぐ。胸を張り頭上を仰ぐ。
 うねるように上体。勅使河原、苦悩?の表情、身体の歪み。
 ・離れて二人、ともに傾いだポーズ。離れても以心伝心ユニゾン。
 ・佐藤、全身激しく、エモーショナルな動きで。
 ・光の十字路。道を互いに違えながらいきつもどりつ、泳ぐように。
 ・勅使河原、ソロ。喜びの表情。佐藤とデュオ。
 ・佐藤、ソロ。高速でロール、一層激しく。前面、正面に顔を向けて恍惚?と。

 物語性いつに増し。佇まいからしてドラマティック、物語の始まりな。つかず
 離れずと重なるデュオにぞくぞく。佐藤さんはいつにましてカラフル、表情とも
 楽しませてくれ。

 トーク 9:04-9:12PM(8)
 勅使河原 悲劇的なことを悲しいではなく、生としての喜びの中に生きていく。
  逆説的な、永遠の悲劇性が面白いと思う。
 佐藤 音楽と一緒に踊る、生きたものが深い。目一杯泳がないと溺れてしまう。
  それを喜びとしつつ、どれだけ体験できるかの日々。
 勅使河原 ダンスを言葉にすることを課している。立て板に水とはいかず、
  洗濯板に水、がちゃがちゃと。ブリュエルのアンダルシアの犬で使われている曲。
  強烈なイメージで美しい。音楽を尊敬すること〜。

[月間一覧