[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS アップデイトダンスNo.36「白痴」

 @荻窪 KARAS APPARATUS(2016/06/22-29 8ステージ)
 全自由 一般予約2500円 当日3000円 学生1500円

 振付:勅使川原三郎
 出演:勅使川原三郎、佐東利穂子

 2016/06/27(月)曇 8:08-9:09PM(59)後方中央 客席超満員(60人)
 客層:大人客席、20才代、海外の方まじり。女性7割。
 客入れ:桟敷1、椅子4列。開場時50人。折り込みチラシ数枚。パンフなし。
 カーテンコール3回2分。

 ドフトエフスキー「白痴」をベースにしたダンス。初日はテッシーソロだったとか。
 構成。溶明、雲のような丸い明かり2。インスタレーション空間。
 ・ワルツ 薄く淡く明滅しばし。黒ドレス佐藤現れ。陶然と見つめる勅使河原。
 ・薄れゆく電波を捕まえようとするかのように付き従うデュオ。木偶のように屈託
  勅使河原、流れる佐藤。ラテンのリズム混じる。時折、我にかえる勅使河原。
 ・ピアノソナタに高笑混じり。佐藤ソロ、スロー。バロック音楽。手を横に空気を
  泳ぐ。勅使河原、離れてシンクロ。
 ・矩形スポットの中、勅使河原。両手をあたふた。座り込み。
 ・舞曲。大きく優美に流れる佐藤。空気を泳ぐダンスデュオ。全身で踊る佐藤。
  ロール、時折歪む勅使河原。
 ・佐藤の背後に勅使河原が影のダンス。
 ・ドラムンベース曲。断ち切られるように暗転、静寂。

 勅使河原は多彩に演技を取り混ぜ、関係性と心情を描いてシアトリカル。
 佐藤のシームレスダンスは最近途上同様、動きの緩急大小全幅で存在感を増し。
 佐藤に付かず離れずの勅使河原、電波で繋がるようなデュオに興味津々ねこ。

 トーク 9:09-9:12PM(3)
 勅使河原 感じたことを大事にダンスに。
 佐藤 言葉で伝えられないことをダンスに、そしてそれを言葉にする。作品に
  深く関われる喜びを感じている。
 勅使河原 修正を重ね、更に先へと積み重ねていく。毎日一段一段。

[月間一覧