[前頁] [ホーム] [一覧]

 タカハ劇団第12回公演「嘘より、甘い」

 @下北沢 小劇場B1(2016/09/07-11 7ステージ)
 http://www.honda-geki.com/b1main.html
 全指定 前売当日4000円 早割3800円 学割3500円

 作・演出:高羽彩 舞台監督:藤田有紀彦、松谷番穂 照明:松本永 音響:角張正雄
 映像:松澤延柘 映像助手:堀田創 演出助手:阿部ゆきのぶ 宣伝美術:羽鳥万里子
 票券:荘司雅子 制作:藤野和美 企画協力:高津信勝 企画・製作:タカハ劇団

 出演:
 斉藤とも子       :神流石子かんないしこ(喫茶店主人)
 青野竜平[新宿公社]   :瀬戸英太郎(会社員 ネズミ講嵌まり)
 小日向雪        :少女
 夏目慎也[東京デスロック]:板野徹(風俗スカウト)
 眼鏡太郎[ナイロン100℃] :犬塚光紀(宗教団体員)
 高野ゆらこ       :喜久田覚子(宗教団体員)
 辻修[動物電気]     :本田隆之(オルグ活動員 先輩)
 結城洋平        :山路憲幸(オルグ活動員 新人)
 早咲心結        :亜夕子
 佐藤誓         :先生

 2016/09/10(土)晴 6:03-7:23PM(1'20)サイド席 客席9割(80?人)
 客層:大人より、女性過半数。
 客入れ:折り込みチラシ厚め。パンフ B5 3ページ。物販。上演台本1000円。
 カーテンコール1回。

 舞台。奥に孤を描くカウンター。手前、ブラウンの調度・テーブル3箇所と床。
 壁際にピンク電話。ありふれた昭和からの喫茶店。
 お話。歌舞伎町の喫茶店。キャッチ、勧誘の仕事場と化しているのも土地柄。
 折しも、外はデモ隊と警官でいっぱい。やがて飛び降り自殺が起きて、切羽詰まって
 いるのに、お客達はどこにも行けず、足止めを喰らってしまう。

 嵐が吹く、すでに吹いているのにさらなる予感が尾を引くサスペンス・ブラック
 コメディ。勧誘、溺れないためにすがりあう泥沼天国ぶりに苦笑。カリカチュアな
 キャラと展開から後半は思いがけない結びつきから転調。人が人が喰らう生臭い
 または銭ゲバとなり、ますます面白く。ラストのどんでん返しまで目が離せず。
 深みを描かず、縁に立たせるホラーかと。舞台復帰の高野ゆらこさん。憑かれた目が
 まあ凄く、カメレオンもコントロールされた芯の通った演技が○。佐藤誓さんも
 そこら流石。辻修さんが諫める側のまともキャラという、かつてを想うと奇妙。

[月間一覧