[前頁] [ホーム] [一覧]

 劇団道学先生 20周年記念公演「梶山太郎氏の憂鬱と微笑」

 @赤坂見附 赤坂RED/THEATER(2017/06/07-18 14ステージ)
 http://www.red-theater.net/
 全指定 前売4700円 当日5000円 25歳以下3000円

 作・演出:中島淳彦 美術:田中敏恵 照明:稲葉直人(ASG)
 音響:内藤勝博(SEシステム) 衣裳:阿部美千代(MIHYプロデュース)
 演出助手:朝倉エリ 舞台監督:今村智宏 イラストレーション:後藤範行
 宣伝美術:鈴木 勝(FORM) プロデューサー:有本佳子(プリエール)
 制作:和田幸子(プリエール)、新居朋子(プリエール)
 助成:芸術文化振興基金 主催:劇団道学先生
 出演:
 青山勝:小説家・梶山太郎
 かんのひとみ:梶山の妻

 幸田尚子:梶山が講師を務める百貨店文章教室の生徒
 田中真弓:同上
 吉田芽吹:同上

 鈴木一功[レクラム舎]:音信不通だった梶山の叔父
 朝倉伸二:隣家に住む梶山の義弟

 藤崎卓也:梶山の連載担当編集者
 山口森広[ONEOR8]:文芸誌副編集長 梶山のかつての弟子
 宮地大介:百貨店 文芸企画担当

 草野とおる[壱組印]:売れないミュージシャン
 たくりゅう:中国人留学生

 2017/06/10(土)晴 2:00-4:07PM(2'05)下手前方 客席満員(150人)
 客層:中年中心、親子二世代客席。男女半々。
 客入れ:階段沿いに旗揚げからのチラシ展示。B列最前。定時開演なので遅刻注意。
 折り込みチラシそれなり。パンフ A4 3ページ。配役表つけてくれよん。
 物販。Tシャツ、DVD。終演後舞台上から手売り。カーテンコール1回2分。

 舞台。庭に面した洋館、作家書斎。下手に入口、ソファセット。上手に出窓と机。
 外壁と木立も設え。
 お話。若き日に文学賞を取って以来、鳴かず飛ばずの小説家。60歳半ばを過ぎ、
 カルチャーセンター講師とエッセイでなんとか過ごす日々。しかし連載打ち切り、
 講義閑古鳥で風前の灯火と危機を迎えることに。人生の岐路に立った人達と
 見守る人達の一騒動。

 ちょっと厳しくも温かい人生賛歌。バカな男達とダメ男に優しい女達が続々、反面
 大人な分別と若い情熱も併行して人生いろいろ。同時代感覚の不安をリアルに
 描きつつ、笑いを添えるさじ加減はさすが。役柄と同じ役者達がならではの味わいを
 醸してなんともよし。ズキズキ経由でほっこりと観るねこ。

[月間一覧