[前頁] [ホーム] [一覧]

 東京タンバリン「ただいま おかえり」

 @下北沢 小劇場B1(2017/06/29-07/03 7ステージ)
 http://www.honda-geki.com/b1main.html
 全自由 前売3800円 当日4000円 一般割引(7/3昼)前売・予約・当日とも3300円
 学生割引 大学生(専門学校も含む)2000円 高校生以下1000円

 作・演出:高井浩子 舞台監督:西村耕之、松下清永 セノグラフィー:杉山至+鴉屋
 照明:榊美香((有)アイズ) 音響:池田野歩 宣伝美術:清水つゆこ
 制作:東京タンバリン 当日運営:塩田友克 協力:アトリエベルン
 主催:東京タンバリン
 出演:
 山崎美貴[文学座]:佐々木(旧姓皆藤)麻美
 長尾純子:佐々木麻衣
 森啓一朗:佐々木勝
 ミギタ明日香:佐々木遥
 森つむぎ:佐々木ひなの

 瓜生和成:緑川信二
 青海衣央里:白石香織
 宮下かな子:橋口奈々

 瓜生和成:コイケ
 遠藤弘章:アオサ
 三宅里沙:アカネ
 荻原美智子:キミ

 2017/07/03(月)晴 3:03-4:33PM(1'29)正面前方 客席満員(80?人)
 客層:大人客席。女性過半数。
 客入れ:開場時30人ほど。正面6列、サイド3列。折り込みチラシそれなり。
 パンフ 5 3ページ。次回公演。10/20-22 わのわ新作@品川歴史館・書院。
 物販。台本700円。カーテンコール2回2分。

 舞台。大小の箱枠を組み合わせて間取り替え。
 お話。子供達は独立して家を離れ、夫に先立たれて1人別荘で暮らす女性。
 子供たちは心配しながらも母親の頑固な物言いに困惑、口論となることも。
 世話好きの近所の人達と楽しく過ごしているというのだが。

 東京タンバリンの東京物語。全員主人公な丁寧な脚本、人物造形。で今に生きる
 家族の、老いた親を巡る物語を活写する。ある程度年を経れば、いたく共感せずには
 いられない事情、心情に感じ入るねこ。どんでん返しが終盤用意されているが、
 悲劇に墜ちず、温かい感触を残し。演劇的な遊びもまたユーモアがあって素敵。

[月間一覧