[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS アップデイトダンス No.82「春」変奏曲 - 宮沢賢治 -

 @荻窪 カラス アパラタス(2021/04/08-11、17-20 8ステージ)
 全自由 一般/予約3500円 当日4000円 学生/予約・当日 2500円

 演出・照明・音楽構成:勅使川原三郎
 出演:勅使川原三郎、佐東利穂子

 2021/04/17(土)雨 4:08-5:19PM(63/8)後方下手 客席ほぼ満員(27人)
 客層:3世代、女性7割。
 客入れ:傘は番号札を自分でつけて置く方式。帰りは並べ置き、渡してくれて親切。
 感染対策。検温、足マット、手指消毒。間隔を置いて、雛壇に4列のゆったり配置。
 カーテンコール3回後、トーク。「春と修羅」の他の作品と曲をつけた。修羅は賢治
 自身を包む世界、葛藤、生きる決意を。ダンスで生きるに繋がり、勇気づけられる。
 受け身でなく、時をつくるのが大事。それは祈りのような行為。
 佐藤。時独自分にとって意味がある、踊ることで出会い直せる。

 構成。佐藤利穂子の「春と修羅」ら作品朗読と、バイオリンソナタら楽曲につれ、
 緊縛らストレスを受けながら、連綿と踊る勅使川原。帽子をかぶり少年然とした
 佐藤が交錯、風音が頻繁にして、ダンス風景を彩り。

 賢治の心象をつづる、小短編オムニバスの趣き。芝居めく表現が折々で挟まれて、
 テキストと整合、具体性増し。止まることなきダンス、生きる力と重なり、沁みる
 もの多々あり。風の又三郎@名古屋 7月があり、楽しみも続き。

[月間一覧