[前頁] [ホーム] [一覧]

 東京芸術祭 特別公演「ファンタスティック・サイト」
 大駱駝艦・天賦典式「Crazy Camel Garden」

 @目黒 東京都庭園美術館 芝庭(2021/05/21-23 3ステージ)
 全自由(整理番号付) 前売・当日共 一般5000円 障害者4500円 U25 3000円

 振鋳・演出・美術・鋳態:麿赤兒 音楽:土井啓輔、築山建一郎
 宣伝写真:川島浩之 図匠:祖父江 慎 衣裳:堂本教子 美術:安部田保彦
 舞台監督:中原和彦 照明:岩村原太 音響プラン:久保勇介
 音響:平尾 瞳、土井香奈 制作:金能弘 プロデューサー:新船洋子
 主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
 共催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館 東京芸術祭実行委員会
[豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、フェスティバル/トーキョー実行委員会、
 公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)]
 制作:大駱駝艦/キャメルアーツ株式会社
 企画ディレクション:宮城聰(東京芸術祭 総合ディレクター)
 鋳態:
 村松卓矢、、松田篤史、塩谷智司、小田直哉、坂詰健太、荒井啓汰、
 阿蘇 尊
 高桑晶子、鉾久奈緒美、藤本梓、梁鐘譽、伊藤おらん、齋門由奈、谷口舞、
 谷口美咲子

 2021/05/23(日)晴 7:02-8:03PM(59)前方下手 客席満員(170人?)
 客層:ベテラン中心に2世代、男性過半数。
 客入れ:庭園の開場1時間前、20人ほど。検温、手指消毒、リストバンドをつけて
 もらって、内会場へと。芝庭の入口でチケットセルフもぎり。トイレは美術館外を
 使用可。美術館を臨む方向に仮設舞台と、パイプ椅子客席設営。11列、1席あけ+
 千鳥配置で高低差なくも見易し。当日パンフなし。カーテンコール演出込み2回。
 後、規制退場。

 舞台。両端に矢形の赤い柱。転じると枯山水な模様出現し、後半壁となり。
 構成。夜の美術館に金色の魑魅魍魎、ゲタを鳴らしてやってくる。男子学生
 (村松さん?)と女子生徒(高桑さん?と麿さん)のラブコメが、ビバルディ四季に
 のせて展開。それぞれの心情風景か、応援するガヤか、魑魅魍魎達がさんざめく。

 男子はモネの画集もち、終盤3人はそんな出で立ちに変身。具現化するにあたり、
 庭園美術館をという訳かしらん。いい感じの芝庭が後方に拡がってたけど、
 活かして欲しかったねこ。無い物ねだりはおいて、2016年以来、ゴールデンスの
 美しい身体、麿さんらの強烈なビジュアル、あやかしのダンスとラブコメの同居等
 見所多く、楽しめ。ゴールデンズの大道芸公演もみたくなったねこ。

[月間一覧