[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS「読書 本を読む女」

 @両国 シアターX(2021/06/24-27 4ステージ)
 全自由(整理番号付き)一般 前売5000円 当日5500円 学生・シニア(65歳以上)
 前売3500円

 構成・振付・演出・美術・照明・衣装・選曲:勅使川原三郎
 アーティスティック・コラボレーター・選書・朗読:佐東利穂子
 舞台監督:小林裕二 照明技術:清水裕樹(ハロ) 音響技術:国府田典明
 企画制作:KARAS 主催:有限会社カラス 特別提携:シアターX

 「読書」でよまれた本
 ゲーテ「形態学論集・植物篇」(木村直司訳、ちくま書房)
 泉鏡花「外科室」
 ラフォルグ「ペルセウスとアンドロメダ」(『ラフォルグ抄』吉田健一訳、小潭書店)
 ル・クレジオ「物質的恍惚」(豊崎光一訳、岩波文庫)
 川端康成「片腕」(『眠れる美女』、新潮文庫)
 夏目漱石「夢十夜」
 オノレ・ド・バルザック「セラフィタ」(沢崎浩平訳、国書刊行会)

 出演:
 佐東利穂子
 勅使川原三郎

 2021/06/26(土)曇 4:01-5:04PM(61)最前方 客席8割?(50人)
 客層:大人中心、女性過半数。
 客入れ感染対策。セルフもぎり、検温、手指消毒、連絡先カード記入。
 最前C列。1席空けなし。当日パンフ A5 3ページ。カーテンコール4回。

 2018年@アパタラスにて佐東利穂子ソロダンスとして初演。デュオ作品として再演。
 舞台。下手に黒テーブルと椅子、佐東利穂子がしばし読書。時折真紅の2人掛け
 ソファ(アパタラス地下常駐)が出現。
 構成。佐藤利穂子朗読音声、本毎に音楽、照明、振付を変えて構成。
 テキストや音そのものにはめて踊るのでなく、物語の絵面、人物や作家の心理を
 描いてくよう。ムードでなく、もっと具体的で強い意志の発見、現れのような。
 本が変わっても続く、美しさに陶然とするねこ。勅使川原三郎が多めに全編に踊り、
 無重力も剛柔確かな表現はさすが。「夢十夜」「外科室」での真紅のソファと黒衣の
 佐藤利穂子のコントラスト鮮烈。

[月間一覧