[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS アップデイトダンスNo.85「プラテーロと私4」

 @荻窪 カラス・アパラタス B2ホール(2021/08/28,29,9/3,4,5,12,13 8ステージ)
 全自由 一般 予約3500円 当日4000円 学生/予約・当日2500円

 演出・照明・出演:勅使川原三郎 出演:佐東利穂子

 2021/08/28(土)晴 4:08-5:30PM(63/17)後方より 客席9割(21人)
 客層:大人中心の2世代、男女半々。
 客入れ:感染対策。検温、足マット、手指消毒。雛壇に4列、間隔おいて設置。
 チラシ少々。カーテンコール3回後トーク。今日は長め。
 勅使川原 原作は40年前に知った、原点。佐藤も心に温めている作品と知った。
 ダンス化は考えていなったが、アパタラスをよちよち歩きで始めて作品と重なった。
 佐藤 学生時代に出会った作品。ダンス化は考えておらず。共振するものがある。
 魂のように変わる、見いだす、それはダンスに近い。

 スペインの詩人ヒメネスがロバのプラテーロに話しかけた言葉で構成された作品。
 前回の3以来みるねこ。今日は勅使川原さんの朗読、佐藤さんのダンスにて。
 愛するモノと共にあり続ける生死を超えた魂の交感。穏やかな語りと愛らしく
 やがて苦いロバのダンスを重ねて描く。突然の死、不在、墓標、蝶の行方追い、
 面影へと移ろう終盤が胸迫り。装うことのない裸の心で描く、異色のアップデイト
 ダンスなり。

[月間一覧