[前頁] [ホーム] [一覧] [次頁]

 勅使川原三郎/KARAS アップデイトダンスNo.87「ジャズ -魂の紅葉-」

 @荻窪 カラス・アパラタス B2ホール(2021/10/22-31 8ステージ)
 全自由 一般 予約3500円 当日4000円 学生 予約・当日2500円

 演出・照明・出演:勅使川原三郎 出演:佐東利穂子

 2021/10/25(月)曇 7:40-8:55PM(64/11)後方より 客席9割(23人)
 客層:3世代、男女半々。
 客入れ:感染対策。検温、手指消毒、足マット。雛壇に間隔を空けて座椅子4列。
 カーテンコール3回。トーク。ジャズのルーツ、広範な影響。魂を心を動かされる、
 ジャンルを超える。いつ始まったか分からない、終わりがあるようで終わらない。
 命のように。力を感じる。佐藤 音楽で体が感じたことが続いて、新鮮な体験を
 するように。とても人間らしい。勅使川原 古いモノ知っている中に新しいモノが
 ある。自然界がそうであるように。今でも身体の中で音楽があって揺れている。
 皆さんもそうかも。

 これは凄い、この2人が全編ジャズで踊る。歴史的ではないかと。選曲とプレイヤー、
 構成が多彩、モダン、スイングコンボ、ヴォーカル曲あり。ねこ程度でも聞き知ってる
 名盤名曲中心。ここでもう最高な上に、いつものように音ハメでなく、音楽や
 プレイヤー、2人の間のインタープレイ、心の交歓が現れたダンスが連綿。
 ムードに流されず、型にはまらず、自在な動きなのに、歌うようなメロディを感じ
 させて小気味よく。ジャズらしくセッション度合い増、いつもより熱く感じられて
 堪らない。心地好い高揚感、ずっと観ていたかったなあ。

[月間一覧