[前頁] [ホーム] [一覧]

 ティーファクトリー「オール・アバウト・Z」

 @下北沢 ザ・スズナリ(2021/11/06-14 14ステージ)
 全席指定 4500円 当日5000円 Z割 (1996年(平成8年)以降生まれ) 3800円
 高校生以下 2500円 障がい者割引 4000円

 作・演出:川村毅 音楽:杉浦英治(SUGIURUMN)
 照明:鷲崎淳一郎(ライティングユニオン) 音響:原島正治(舞台音響 囃組)
 衣裳:伊藤かよみ ヘアメイクアドバイザー:川村和枝 演出助手:小松主税
 舞台監督:小笠原幹夫(劇工房 双真) 製作:平井佳子(ティーファクトリー)
 宣伝美術:町口覚(マッチアンドカンパニー) 主催:株式会社ティーファクトリー
 文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業 令和3年度(第76回)文化庁芸術祭
 参加公演
 出演(8〜10日、11〜14日):
 B:小寺悠介、丸山港都
 I:前東美菜子、大久保眞希
 K:宍泥美、鈴木結里
 R:飯川瑠夏、下前祐貴
 T:白川哲次、寺内淳志

 M(チーフ・プロジェクト・マネージャー):結城洋平、高木珠里
 Q(プロジェクト・マネージャー):黒瀬亘、原田理央

 X:笠木誠、神保良介

 2021/11/09(火)曇 2:32-4:19PM(1'47)前方下手 客席7,8割(60人)
 客層:20才台とベテラン。
 客入れ:感染対策 手指消毒、検温。当日パンフ B5 4ページ。物販。戯曲本はその
 場で川村さんがサイン。カーテンコール1回後規制退場。
 
 2年振り川村毅新作、本公演。前後半で配役替え。
 舞台。三方、グレーの壁囲み。各板戸から出入り可能。黒リノリウム床のモノトーン
 空間。
 お話。ウイルスが猛威をふるい、多くの十代若者が犠牲になった災禍から30年。
 過去の記憶をもち、人類の歴史が記録された人間型ロボットによる、新しい国の
 あり方を模索するプロジェクトが始まる。交錯する過去と今、やがて現れる仮想の
 外の現実。願う未来は叶うのか。

 朽ちてなお芽吹く、悲劇の中の希望。思索と示唆に富んだ戯曲の言葉に瑞々しい息吹
 を与える若手役者達の熱気。ガツンときて、じんとするねこ。建設的討論で始まり、
 集団の崩壊を経て明らかになっていく背景・Zの真相と、ミステリー、エンタメの
 面白さしっかり。コロナ禍で自分もあれこれ抱いたわだかまりもあり、引き込まれて
 見入り。矛盾との共生、現実から夢を望むラストは切実。途方もないことが観客と
 繋がった感がするねこ。

[月間一覧