[前頁] [ホーム] [一覧]

 ONEOR8「グレーのこと」-2021ver.-

 @下北沢 ザ・スズナリ(2021/01/16-24 8ステージ)
 全自由 前売 当日ともに4000円 配信3000円

  @北海道 北見芸術文化ホール 中ホール 1/27
  @北海道 幕別町百年記念ホール 1/29
  @北海道 だて歴史の杜カルチャーセンター 大ホール 1/31
  @北海道 あさひサンライズホール 2/2
  @茨城県 水戸芸術館 ACM劇場 2/4

 作・演出:田村孝裕 舞台監督:村岡晋 演出部:野本光一郎、石田茜子
 舞台美術:稲田美智子 照明:吉川ひろ子 音響:今西工 映像:ワタナベカズキ
 音楽:上江洌亮司 ヘアメイク:張替小百合 衣裳:竹内萌恵、冨成友子
 演出助手:河口高志 宣伝美術:郷志郎 宣伝写真:引地信彦
 当日運営:須藤千代子、大槻志保 制作協力:和田ひろこ 企画・製作:ONEOR8
 助成:日本芸術文化振興基金

 出演(初演@浅草九劇と同配役)
 羽田美智子:金子翠
 山野史人 :杉下(熊田)
 阿知波悟美:白井(早紀)
 山口森広 :大林(慎三)
 恩田隆一 :古賀(肇)
 長尾純子 :野々村(花純)
 冨田直美 :真知子(久美)
 関口敦史 :中外(拓海)
 松本亮  :堂上(幸治)
 伊藤俊輔 :進藤(ミー)

 2021/01/19(火)晴 7:03-9:02PM(57/休5/55)中段下手 客席満員(70人)
 客層:20-30才代と中年層。男女半々。
 客入れ:感染対策。検温、手指消毒、席間隔開け。スタッフはマスク+フェイス
 シールド。上演中、役者はデフォルトでマウスシールド(た上にマスクつける場面
 あり) 折り込みパンフ B5 3ページ。カーテンコール 熱心な拍手で2回、
 短い挨拶あり。

 2007年初演、コロナ禍を背景に改訂、再演。
 舞台。グレーの円形ラウンジ。中央に円弧テーブルと椅子。背後一段高く、白と黒の
 駒形椅子がぐるり。円形天井も設え。
 お話。初演同様、ラストに一工夫。
 あの世とこの世の中間、生まれ変わったら何になるかが決められる場所。
 一応希望アンケートがあるが、その女性・翠は人は絶対嫌、虫もダメと何になると
 決まらず、会議が始められない。厳しめの委員は生前の罪から人にならせたのは
 自分達の判定ミスであったと悔いる始末。顛末にいたる恵まれなかった翠と息子の
 親子、二人を補助したアパートの住人のありさまが再生されていく。

 初演よりイイ。粗忽な会社コメディな笑いをまぶしながら、しだいサスペンスフルに
 真相に思いを馳せる。そこら、無為故に到った犯罪・罪を責めるより厚情を示す。
 上々のブレンド構成はキャメルマキアート、甘く苦くな層状。混合を否定せず、
 人間味として味わい深く、巧い。今回、水と油な2人がともに悪意へ立ち向かう
 ラストも素敵。

[月間一覧