[前頁] [ホーム] [一覧]

 遊劇体♯61 深津演劇祭 深津コレクション舞台編 参加作品「のたり、のたり、」

 @大阪心斎橋 ウイングフィールド(2017/11/23-26 6ステージ)
 http://www.wing-f.co.jp/
 全席自由 前売・予約 一般2800円 当日 一般3000円 学生2000円

 作:深津篤史(桃園会 2002年初演作品)演出:キタモトマサヤ
 舞台監督:沢渡健太郎(劇団第一主義) 照明:西岡奈美 音響:大西博樹
 舞台美術:佐野泰広(CQ) 宣伝美術:古閑剛 小道具:松本信一
 衣装:久保田智美 制作:岡本司+児山愛(A≠T)
 助成:芸術文化振興基金 提携:ウイングフィールド 主催・企画製作:遊劇体
 京都芸術センター制作支援事業
 出演:
 三田村啓示[空の驛舎]:100円
 村尾オサム:おーちゃん
 松本信一:アイダ
 坂本正巳:環状線
 大熊ねこ:トロちゃん
 天羽千夜子:ウヨク
 中村京子[空の驛舎]:セキリ
 濱奈美:アイダの彼女
 豊島由香:環状線の妹
 久保田智美:ピーッ
 つげともこ[浪花グランドロマン]:プーやん

 2017/11/24(金)晴 7:30-9:13PM(1'43)正面前方 客席ほぼ満員(50人)
 客層:20-30歳代と中年層。女性過半数。
 客入れ:整理券配布、開場開演20分前 20人ほど。桟敷3、ベンチ3。
 折り込みチラシそれなり。パンフ A4 3ページ。カーテンコール1回。

 舞台。壁に大きくあいた亀裂から鉄筋格子が覗く小部屋。下手に小窓、上手に
 屋上への鉄階段。中央に丸テーブルとグラス。床に酒瓶、マンガ雑誌、衣服。
 客入れから横たわる人達。舞台壁上に劇タイトルの紙掲示。
 お話。震災後スラムに集う若者達。クスリと酒におぼれて醒めながらの不器用な
 恋愛模様。

 生者も死者も同居、曖昧な空間を蛍光灯明かりでさめざめとさらけ出しつつ、
 ぐっと生っぽく、生理的な感覚を呼ぶという妙。戯曲の言葉と対話、深津さん文体の
 リズムを加工せず、丁寧に描いてて好印象。不器用で滑稽、なれば切なくて
 堪らない気持ちになるねこ。終盤、100円と女性達、とりわけ恋人・トロちゃんとは
 声だけが上方(屋上)からする(ト書きを坂本正巳が舞台で添える)演出。しみじみ
 沁みて素敵。

[月間一覧