[前頁] [ホーム] [一覧]

 演劇企画集団THE・ガジラ「Happy Days〜幸せな日々〜」

 @笹塚ファクトリー(2012/8/9-19 11ステージ)
 http://sasazukafactory.kyowakoku.com/
 全指定 前売4500円 当日4800円 22歳以下 3000円

 脚本・演出:鐘下辰男 舞台美術:島次郎 舞台監督:高橋淳一 照明:中川隆一
 音響:井上正弘 衣裳:山下和美 演出助手:船岩裕太
 宣伝美術:雨堤千砂子(ワゴン) 制作:Little giants
 出演:
 千葉哲也   :鬼藤栄一(長男) 
 寺十吾[tsumazuki no ishi]:鬼藤晃(末弟 ライター)
 とみやまあゆみ:鬼藤怜子(鬼藤家・長女)

 塩野谷正幸[流山児★事務所]:谷村賢次(産廃業者)
 柿丸美智恵[毛皮族]:谷村響子(賢次の妻)

 山口航太   :柴田拓也(賢次の舎弟?。自称「掃除屋」)
 皆戸麻衣[ナイロン100℃] :瀬川里美(市長の婚約者)

 2012/8/12(日)晴 2:03-4:05PM(2'02)前方下手 客席5割(40人)
 客層:20才代女性と中年男性。男女半々。
 客入れ:パイプ椅子1、通路、雛壇に5ー7列。見切れや死角はないのでどこでも
 いいかも。折り込みチラシそれなり。パンフ A4 1枚。配役、スタッフ、予定。
 物販なし。カーテンコールなし。

 流山児★事務所 2000年初演(演出:ケラ 本多劇場)の骨を残して改訂再演。
 キャラ設定が違うけど、鬼藤家は 塩野谷正幸 → 千葉哲也、篠井英介 → 寺十吾、
 新谷真弓 → とみやまあゆみ。

 舞台。そぎ落とし、象徴的なものだけ残した最小限。下手に蓋がされた土管井戸、
 車椅子。上手、屋敷のサインな等間隔3本柱。

 お話。山鹿の里の旧家。滋養に富んだ水を守ってきたが、産廃原因と噂の土壌汚染で
 今は毒水。とも旧家の威信も揺らぎ、先祖のつけを払うのに精一杯。当主・栄一は
 身から出たサビで事業の危機を迎え、代々共存共栄してきたやくざとたくらみを
 巡らしている。ライターとして故郷の危機を訴えてきた、末っ子が突然帰ってくる。
 産廃の問題とも、ボケ老人だった母親の死因に疑いを投げかけるが。

 緊迫感あふれる場と役者バトル、出口なしの残酷劇を堪能するねこ。登場人物達は
 居場所=故郷、家そして自身を失いかけ、もう瀬戸際でせめぎあい。ぽつぽつと
 危機勃発、やがて込み入った修羅場に陥り、小悪党、小市民、犠牲者とも愚かで
 悲しく、それゆえ滑稽。恐れを元にした愚かさを笑い、それと共に胸痛むものあり。
 闇を背景に研ぎ澄ました照明、生理を刺激する水音やシロアリ徘徊音ら演出効果を
 徹頭徹尾。揺るがない緊迫にガス抜きなとんま会話を挟むけど、なぜか不発気味。
 せめての緊迫と弛緩を楽しめばいいのになあ。

 役者。いわずもがなの匂い立つような曲者ぞろい。塩野谷正幸。心からやくざ者の
 嫌らしさを黙しても醸して素敵。柿丸姉さん。懐妊した赤ん坊にやられるな妄想狂態、
 物事を醒めて見てしまう逞しさと寂寥など、あれこれ女優芝居を楽しく観るねこ。

[月間一覧