[前頁] [ホーム] [一覧]

 くじら企画第18回公演「夜、ナク、鳥」大竹野正典劇集成V 出版記念公演

 @アイ・ホール(2014/7/19-21 5ステージ)
 http://www.aihall.com/
 全自由 前売3000円 当日精算3000円 当日券3200円 中高生券1000円

 作:大竹野正典 演出:くじら企画 舞台監督:塚本修 舞台美術:佐野泰広
 音響:大西博樹 照明:池辺茜 衣装・小道具:木村ゆう子 宣伝美術:高岡孝充
 企画・製作:くじら企画、塚本修 制作:尾崎商店

 出演:

                初演     今回
                第9回公演   第18回公演
               2003/4/24ー27  2014/7/19-21
                4ステージ  5ステージ
             特設野外円形劇場  アイ・ホール
              「ラフレシア」
                1時間43分  1時間51分

 ヨシダ(看護婦)       :林加奈子  ←
 ツツミ(看護婦)       :川田陽子  大熊ねこ[遊劇体]
 イケガミ(看護婦)      :後藤小寿枝 ←
 イシイ(看護婦)       :小栗一紅  ←
 ヒデキ(ヨシダの奴隷)    :戎屋海老  ←
 タザワ(ツツミ担当 末期ガン):秋月雁   ←
 エイジ(イケガミの故夫)   :風太郎   栗山勲
 ゴウ(ヨシイの亭主)     :森田太司  ゴーちゃん:九谷保元
 隣の人            :ー      大竹野春生(日替わり 九谷保元)

 2014/07/21(月祝)晴 11:07ー1:01PM(1'51)ロビー側 客席ほぼ満席(110人)
 客層:20 30才代とおじさん。男女半々。
 客入れ:開場時15人。四方囲み客席。ロビー側1、2列ほか段差あり3列。
 折り込みチラシそれなり。パンフ B5 3ページ。物販。戯曲集3冊目、初期作品、
 外部提供作収録。公演DVD。カーテンコール1回。アフタートークはパス。

 大竹野作品、くじら企画との出会いはこの作品から。好きをすぎて痺れてしまった、
 ずっと大竹野を観ていこうと思ったねこ。岸田戯曲賞の最終ノミネート、えんげきの
 えーじで推すも、いずれもの冠かなわず。一番な作品の嬉しい再演となり。
 
 舞台。センターにメタリックな箱テーブルとイス。片隅に子機な受話器。ここと周囲を
 ぐるり完全円形で使用。
 お話。現役看護婦たちによる連続夫殺し 保険金詐欺事件。天使がいかに墜ち、
 鬼になったかを描く。

 堪らない、黒い快感。ゾクゾクとキリキリ、スリリングと哀切が一緒に二重写しで
 くるたまんなさ。義理と人情の大義名分のもと、強慾と人殺しが正当化され。
 狂気と愚考は戦争が絶えない世界の縮図と、遠く見るだけで済まず。心あたりの
 チクチク感がじんじん。醒めてみながら、愚かさもまた人間のありさまと頷く作家
 視線の暖かさも感じさせて一層。

 初演を再現した完全円形の演出。ナースキャップ燃やすクライマックスも、通常劇場
 でよくやったなあと、主催の意気込みを感じさせ。忘れたがい記憶を再び確かなもの
 にしてくれて、感謝したいねこ。

[月間一覧