[前頁] [ホーム] [一覧]

 SPAC ふじのくに せかい演劇祭2021「アンティゴネ」

 @静岡 駿府城公園 紅葉山庭園前広場 特設会場(2021/05/2-5 4ステージ)
 全指定 一般4200円 ペア割引3700円 グループ割引3300円
 ゆうゆう割引3500円[満60歳以上] 学生割引2000円[大学生・専門学校生]
 1000円[高校生以下]障がい者割引2900円

 構成・演出:宮城聰 作:ソポクレス 訳:柳沼重剛 音楽:棚川寛子
 空間構成:木津潤平 衣裳デザイン:高橋佳代 照明デザイン:大迫浩二
 ヘアメイク:梶田キョウコ
 舞台監督:山田貴人 演出補:中野真希 演出部:秡川幸雄、降矢一美、
 渡部景介、森部璃音、土屋克紀 音響デザイン:牧嶋康司
 音響デザイン:牧嶋康司(SCアライアンス) 照明:樋口正幸、花輪有紀、
 水野ヒカル 小道具製作:深沢襟 ワードロープ:清千草、佐藤里穂、牧野紗歩
 ヘアメイク:高橋慶光 英語字幕翻訳:リアン・イングルスルード
 制作:大石多佳子、雪岡純、入江恭平、戸塚美奈、久我晴子
 主催:ふじのくに野外芸術フェスタ実行委員会
 共催:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、
 TOKYO 2020 NIPPON FESTIVAL、静岡県文化プログラム推進委員会、SHIZUOKA 2020、
 静岡市

 出演:S=スピーカー(語り手) M=ムーバー(動き手) 2017年とほぼ同キャスト
 アンティゴネ   本多麻紀(S)  美加理(M)
 クレオン     阿部一徳(S)  大高浩一(M)
 イスメネ     榊原有美(S)  布施安寿香(M)
 ハイモン     若菜大輔(S)  大内米治(M)
 テイレシアス   吉植荘一郎(S) 渡辺敬彦(M)
 番兵       貴島豪(S)   小長谷勝彦(M)
 僧侶       貴島豪
 ポリュネイケス  三島景太
 エテオクレス   武石守正
 合唱隊 赤松直美、桜内結う、鈴木真理子、舘野百代、寺内亜矢子、永井健二、
     野口俊丞、森山冬子、山本実幸
 演奏隊 池田真紀子、石井萌水、加藤幸夫、佐藤ゆず、大道無門優也、吉見亮

 2021/05/05(水祝)大雨 6:47-8:28PM(1'40)中段上手 客席ほぼ満員(500人?)
 客層:20-30才代中心に中学生〜中高年まで。女性過半数。
 客入れ:検温、手指消毒、連絡先受付後、リストバンド付け。チケット確認と
 荷物検査後入場。一本道の通路を間隔を置いて移動。距離を置いた座席40数席の
 スタジアム客席13列。いつものように使い捨てカイロとビニールシート配布。
 折り込みパンフ B5縦折 11ページ。ほぼ定刻に客入れ完了し、前説・あらすじを
 顔見せしながら紹介して親切。カーテンコール2回、規制退場はなけれど、
 一本道で混乱はなく(ただし渋滞待ち)。

 海外公演を経ての本拠地凱旋公演。
 舞台。枯山水の庭の白砂、を本水に置き換えた箱庭装置。中央に灯籠のような
 三段組の岩、左右に小島な岩。中央にアンティゴネ、上手にクレオン、
 下手にハイモンが位置。正面に高く紗幕壁、登場人物の影を大きく投影。
 お話。オイディプスとその母との娘アンティゴネ。叔父の新王クレオンの禁令に
 背き、戦死した兄の遺体を埋葬したため、幽閉され、自害してしまう。

 恩讐を越えた鎮魂の祝祭をしみじみと観るねこ。巨大な影はその大小で登場人物の
 変化する心理なり、力関係をよく現し。客席中段で俳優、影とも見て取れたけど、
 主と見える客席高さで印象が変わりそう。生憎の雨天だけど、一役多声の広がり、
 盆送りの唱和、隊列らを客席・外の世界とも包み込む慈雨のよう。味わい一層の
 再演再見となり。

[月間一覧