[前頁] [ホーム] [一覧]

 松竹制作 渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾「夏祭浪花鑑 なつまつりなにわかがみ」

 @渋谷 シアターコクーン(2021/5/12-30 28ステージ)5/6-11中止
 全指定 1等席13500円 2等席8000円 3等席4000円

 作:並木千柳、三好松洛、竹田小出雲 演出・美術:串田和美
 出演:
 勘九郎 :団七九郎兵衛
 七之助 :団七女房お梶
 松也  :一寸徳兵衛、徳兵衛女房お辰
 虎之介 :玉島磯之丞
 長三郎 :団七伜市松
 鶴松  :傾城琴浦、役人左膳
 歌女之丞:三婦女房おつぎ
 笹野高史:三河屋義平次
 亀蔵  :釣船三婦

 2021/05/22(土)曇 5:00-7:21PM(2'18)1F前方中央 客席満員(350?人)
 客層:3世代、女性8割。
 客入れ:感染対策。手指消毒、サーモ検温、セルフもぎり。連絡票はネットか用紙で
 提出。当日パンフなし。物販。パンフ A4大 1800円。終演後、劇場外でTシャツ、
 トートバッグ、手ぬぐい、チケットホルダなど販売。カーテンコール1回、勘九郎から
 挨拶。息子・長三郎君8才の誕生日とのこと。挨拶と、大坂締めの音頭取りを務め。

 串田和美演出。1996年初演、2003年、2008年() 再演後18年振りの上演。
 舞台。よしず張り、夏の風物詩で囲まれた、青空下の往来。客入れ時から出入り
 しきりのお楽しみ。開演前、悪疫退散と一同でお祓いをして開演。装置はつど
 持ちこみ式。初演以来の工夫を継承。

 幕間休憩なしで一気呵成の疾走感。太鼓と笛で高揚感ましてつなぎ。シンプルも
 劇的な照明◎。舅殺しの場では江戸歌舞伎の趣き+現代のソリッドさでゾクゾク。
 コロナ禍で三密対策、群衆わんさかは鏡+人形で工夫。劇場開放はもちろんあり。
 勘九郎、キレキレ、めざましい。口跡がお父さんまんまな時があって、感慨、
 味わいひとしお。松也、男気と情けの混交で泣かせて好印象。笹野高史、続投が
 なにより嬉しい。くさみが香ばしく増した感じで◎。

[月間一覧